北海道で「幻の魚イトウ」を年間300匹釣る非常識なイトウ釣りの全てを公開!maboroshi-ito.com

イトウ釣りガイド!5日間で楽々2ケタ!

メーターオーバーのイトウ釣りガイド!

イトウ釣り25年間で開拓した極上ポイントへガイドします。

2011年イトウ釣りガイドのご案内

※日にちのマスがピンク色は予約中となります。
イトウ釣りガイドに関するご質問は下記からメールにて、お気軽にお問い合わせ下さい。
info★maboroshi-ito.com 迷惑メール対策の為★を@に変えて送信下さい。
24時間以内にご返事を差し上げます。

神川竜一「イトウ釣りガイド」5大メリット。
○25年以上イトウを釣り続けてきた極上ポイントへガイドします!
○バイブルにもご紹介していない極秘ポイントへガイドします!
○イトウ釣り5日間のガイドなら100%イトウを釣らせているガイド実績があります!
○メーターオーバーのイトウを釣ったポイントにもガイドします!
○イトウをさらに釣る為のテクニックを教えます!


2011年5月 2011年6月 2011年7月
1 2 3 4 1 2
1 2 3 4 5 6 7 5 6 7 8 9 10 11 3 4 5 6 7 8 9
8 9 10 11 12 13 14 12 13 14 15 16 17 18 10 11 12 13 14 15 16
15 16 17 18 19 20 21 19 20 21 22 23 24 25 17 18 19 20 21 22 23
22 23 24 25 26 27 28 26 27 28 29 30 24 25 26 27 28 29 30
293031 31
2011年8月 2011年9月 2011年10月
1 2 3 4 5 6 1 2 3 1
7 8 9 10 11 12 13 4 5 6 7 8 9 10 2 3 4 5 6 7 8
14 15 16 17 18 19 20 11 12 13 14 15 16 17 9 10 11 12 13 14 15
21 22 23 24 25 26 27 18 19 20 21 22 23 24 16 17 18 19 20 21 22
28 29 30 31 25 26 27 28 29 30 23 24 25 26 27 28 29
30 31

イトウ釣りガイド料金表
料金1日
1名 85,000円
2名 136,000円
保険加入済み。ガソリン代込み。飲食物は各自ご用意下さい。
※飛行機チケット代金、宿泊費は含まれていません。
※イトウ釣りの極意の商材購入者は10%引きです。
1日コース 時間
5月・6月 4:00〜18:00
7月・8月 4:00〜18:30
9月・10月 4:30〜17:30
※開始時間と終了時間はあくまでも目安とお考え下さい。

イトウ釣りガイド申し込み
イトウ釣りガイドを行うのは基本的に、土・日・祝祭日をからめた日程となります。
平日をご希望の場合はメールにてご相談下さい。
イトウ釣りガイドに関するご質問は下記からメールにて、お気軽にお問い合わせ下さい。
info★maboroshi-ito.com 迷惑メール対策の為★を@に変えて送信下さい。

24時間以内にご返事をメールで差し上げます。


イトウ釣りガイドを体験された方の生の声!

○イトウ釣りガイド4日間で6本のイトウをキャッチ!最大71cm!
以前、イトウ釣りに良い時期に道東でガイドを2日間頼んだのですが、釣れたのは小さなアメマスだけでした。その悔しさを晴らすべく、今回は稚内でのガイドを4日間お願いしました。
はじめは4日間でなんとかイトウ1本キャッチできれば・・・くらいに考えていたのですが、終わってみればなんと4日間で10バイト、6本ものイトウをキャッチすることができました!しかもサイズも最大のものは71cmと、イトウ本来のファイトを十分に堪能することができ、本当に満足しました。
ガイド最終日は雨天のため川が濁っており、かなりのタフコンディションでしたが、ガイドさんの「雨天の時にはこのポイントのこの淵」という引き出しの多さ、的確な指示に助けられ、なんとキャスト1投目で62cmのイトウが濁って増水した淵から飛び出し、キャッチすることができました。
この時ばかりはガイドさんの抜群の読み・センスに、ただただ驚き、そして感動でいっぱいになりました。次回はぜひ、80cmオーバーのイトウが釣れるように頑張りたいと思います。
最後に、今回の釣行では本当にお世話になりました。ぜひ次回もよろしくお願いいたします。
(和歌山県 自営業 安田様)

○初めてのイトウ釣りがいい思い出です。
釣りなんて子供の頃にやったきりの遠い記憶でしかなく、60歳を過ぎてから自分がイトウ釣りをするなんて夢にも思いませんでした。たまたま神川さんにガイドをお願いする機会があり何も知らずにイトウ釣りのポイントへ・・・。イトウは幻の魚と聞くので、そんなに甘 くはない事は覚悟しておりました。しかし、最初に入ったポイントで、初心者の私が、ル アーの投げる練習をしていた時に、幻の魚イトウが釣れたのです。リールも どうやって巻いていいかも分からず、かなりあわてましたが、なんとか初めてのイトウをキャッチに成功しました。しかも、その日は65cm、42cmの2匹のイトウと60cmの アメマスまで釣ってしまい、釣りの才能があるのでは?と勘違いをしております。 これも全て神川さんのおかげです。また機会がありましたらイトウ釣りガイドをよろしくお願いします。
(京都府 会社員 西沢様)

イトウ釣りガイドの特徴

25年以上あきれるほどイトウを釣り続けてきた極上のポイントへガイドします。
 イトウが濃いポイントへ連れて行くだけでなく、実際にそのポイントでの攻略法を事細かくレクチャーさせていただきます。なぜそこにイトウが付くのか?どのようにルアーを泳がしたら良いのか?イトウ釣りの考え方から攻略法まで全て伝授いたします。イトウ釣りで分からないことは何でも聞いてください。

バイブルにもご紹介していない超一級ポイントへもガイドします。
 まだまだバイブルに書けなかった超一級ポイントへもガイドいたします。ポイントへ連れていって、ほったらかしになんていたしません。逆に口うるさいかもしれませんが、一緒になってイトウ釣を釣る為にガイド業に全力で取り組みます。イトウを釣る為のノウハウを現場で出し惜しみせずに全て公開させていただきます。

イトウ釣り5日間のガイドなら100%イトウを釣らせるガイド実績と自信。
 どんな状況下においても、必ずイトウをキャッチさせるのがプロガイドというものです。過去に5日間のガイドを依頼されてイトウが釣れなかった事は1度もありません。それはこれまでのイトウ釣りの経験を生かした的確なアドバイスとテクニック、25年間以上で開拓してきた釣れるポイントを誰よりも多く知っているガイド実績と自信があるからです。

メーターオーバーのイトウを釣ったポイントにもガイドします。。
 2001年の7月9日にイトウ釣りガイドで案内したお客さんが念願の101cmのイトウを釣りました。メーターオーバーはそんなに簡単に釣れるものではありませんが、実際にガイドしキャッチしました。写真はこちらの携帯サイトで見ることができます。http://ezmk.jp/nani

イトウをさらに釣る為のテクニックを身に付けることができる。
 イトウの棲む川はオーバーハングの木立だらけで、オーバーキャストができないなど一筋縄ではいきません。攻略するにはそれなりの方法と独特のテクニックが必要となってきます。極上のポイントへ行っても、このテクニックなしではイトウのキャッチ率を上げることができません。川の全てを知り尽くしたからこそできる攻略法を生でお教えいたします。



イトウ釣りガイドへ寄せられる質問をまとめました。
どうぞ参考にして下さい。


Q.イトウ釣りガイドはどんな感じで行われますか?
A. 当日、空港へ着いた日は車でお迎えに上がります。そのまま一緒にポイントを一回りしながら、足場の良い場所でロッドを軽くふれると思います。翌日からは車でポイントを回りながら、増水時以外はウェイディングで川に入りながらの釣りがメインとなります。

Q.イトウ釣りガイドは何日間からお願いできますか?
A. 原則は土・日・祝祭日をからめまして、4日間以上からお受けしております。それよりも短い日程ですと、万が一大雨で川が増水しまったく釣りにならなかったりすることが考えられるからです。遠方からはるばる来られる方も多々いらっしゃいますので、せっかくのイトウ釣りですから醍醐味をたっぷりとお楽しみ下さい。※平日ガイドをご希望の場合はメールにてお問い合わせ下さい。

Q.イトウ釣りガイド料金に含まれているものは何ですか?
A. 稚内空港への送り迎え、車のガソリン代、ロッド破損等の損害保険代、釣りガイドの料金です。それ以外の北海道までの運賃(飛行機代、電車)、宿泊代、食事代は個人でのご負担となります。

Q.イトウ釣りガイドの時間は?
A. 基本的に日の出から日没までとなります。5〜6月(4時〜17時30頃)、7〜8月(4時〜18時30頃)、9〜10月(4時半〜17時30頃)※お客様のご要望に応じて微調整をさせていただきます。

Q.イトウ釣りガイドは何月から何月までですか?
A. ガイドは毎年5月〜10月いっぱいまでとなります。11月、12月もガイドを行った事はありますが、たいへん寒さが厳しい釣りとなりますのでメールにてご相談下さい。

Q.イトウ釣りのベストシーズンを教えてください
A.最も実績がある季節は5月下旬〜6月中がベストシーズンです。7月は天候が不安定な日が多くなります。10月になりますと温度が急に冷え込む場合があるので、ウェーディングの冷たい水が体力的にきつい季節となります。季節ごとの詳しい説明はイトウ釣り(季節編)をご覧下さい。

Q.ガイドをお願いすると必ずイトウが釣れますか?
A.こちらのアドバイスをきちんと実行していただける熱意あふれる釣り人さんでしたら、5日間のイトウ釣りガイドで0匹というのは過去に一度もありません。もちろん自然相手のものですから気象状況や川のコンディションでたいへん厳しい状況が続く場合もございます。最終的にイトウを釣るのは本人となりますが、ガイドをお願いする方々は本気でイトウを釣りたいという人達ばかりですので、その情熱にしっかり答えられるようなガイドを実行しております。5日間のガイドにおきましては100%イトウを釣り上げています。

Q.ガイドで釣れる平均サイズのイトウはどのくらいですか?
A. 季節にもよりますが、50cm〜60cmが一番多く釣れる平均サイズです。4日〜5日間のガイドであれば70cm〜80cmのイトウをキャッチできる確率は非常に高いと思います。

Q.イトウ釣りガイドで釣った大物はどのくらいですか?
A. 2001年の7月9日にガイドで案内したゲストさんが101cmのイトウを釣りました。
 写真はこちらの携帯サイトで見ることができます。http://ezmk.jp/nani


イトウ釣りガイド、タックルの質問


Q.ロッドはどのようなものが良いですか?
A.ロッドはライトアクション、ミディアムライトアクション、ミディアムアクションでも対応ができます。バス釣りをされている方でしたら、ロッドの長さ1m70〜80cm前後のバス用ロッドが最適です。ロッドはツーピースでもワンピースでもかまいません。車で移動できる方はワンピースでも運べますが、飛行機での持ち運びでしたらツーピースをオススメします。

Q.リールはどのようなものが良いですか?
A.スピニングリールなら2000番、2500番がオススメです。ベイトリールならバス用のもので対応できます。右ききなら左ハンドルのリール、左ききなら右ハンドルのリールをご用意下さい。最近のリールは専用工具がないと付け替えることができませんので、ご自宅で直してから持ってきて下さい。

Q.ラインはどうしたら良いですか?
A.最低PEラインの25ポンド以上をオススメします。ナイロン、フロロは避けた方が良いと思います。リールへの下巻きは好みですが、リールには最低50mはラインを巻いておいて下さい。初心者の方はライントラブルでラインを切ったりしているうちに短くなってしまいますので、少し多めに巻いておくと良いでしょう。ラインの色については、白、もしくは、黒系、緑系なら問題はありません。

Q.ウェイダーはどのように選べば良いですか?
A.ウェイダーはゴアテックスでしたら通気性も良くムレも少なく快適ですが、その分値段が高くなります。初めてウェイダーを購入されるのでしたらゴアテックスでなくても充分です。釣り道具屋さんではかならず試着をして、足のサイズがきつすぎたり、大きすぎたりしないものを選んで下さい。水圧で足のくるぶしが締め付けられても痛くないよう工夫されているものや、ウェストをベルトで締められるものを購入すると良いでしょう。靴が大きい場合は靴底に中敷を入れるか、厚い靴下を履くけば若干の調整はできます。また、ウェイダーの靴底が減ってきたら取替えが簡単な便利なものもあります。注意すべき点はワキの下の部分が大きく下にえぐれているものはワキから水が入る危険性があります。なるべくワキの下の部分が前部と同じようにまっすぐなものを選ぶと良いでしょう。※ウェストまでのウェイダーではなく、必ず胸以上まで隠れるもので肩紐が付いているタイプをご用意下さい。

Q.リーダーは必要でしょうか?
A. これは、必ず必要と言うものではございません。リーダーを付けなくても過去に101cmまでのイトウでしたら耐えられました。リーダーを付けなくても、小まめにラインのザラつきを点検しておけば特に問題がないと思います。もしリーダーを付けるのでしたら同じPEラインをオススメします。

Q.スナップの大きさはどのくらいがいいでしょうか?
A. #4あれば充分ですが、#3ならより安心かと思います。何度も使用して古くなったものは壊れやすくなるので時々点検することが大切です。スナップは先端だけのものが良いと思います。※こちらはガイドを予約された時点で、別途メールにて詳しくアドバイスさせていただきます。

Q.ルアーはどんなものが必要ですか?
A. 100mm以上のミノーに実績があります。トリプルフックが3つ付いているものが理想的です。ルアーは自分が釣れそうと思うものをご用意された方が集中力が持続すると思います。また、ワーム+ジグヘッドでも釣れます。※こちらはガイドを予約された時点で、別途メールにて詳しくアドバイスさせていただきます。

Q.ルアーは何個必要ですか?
A. 5日間のガイドであればミノー10〜15個、ワーム20本もあれば充分だと思います。ウェイダーで川を歩く場面がありますので、持ち物は必要最低限でまとめることをオススメします。

Q.イトウ釣りに必要な道具を全て教えてください
ロッド 1.7〜1.8mのライト、ミディアムライト、ミディアムのロッドで対応できます。シーバスやバス釣りをやられる方でしたらお手持ちのロッドがそのまま使えると思います。
リール スピニングリールでしたら2000番か2500番のリール。ベイトリールでしたらシーバス、バス釣り用のものが使えます。
ウェイダー 安いものであれば5,000円〜購入できます。
帽子 日差しと危険防止の為に必須です。ニット帽は不可。
偏光サングラス 目の保護と水中のものがハッキリと見えます。
ライン PEライン30ポンド以上をご用意下さい。フロロ、ナイロンは不可。
ルアー(ミノー) ガイドの予約されました時に具体的にメールでご案内いたします。
ワーム ガイドの予約されました時に具体的にメールでご案内いたします。
ジグヘッド 3/8〜1/2オンスをご用意下さい。具体的にメールにてご案内します。
スナップ #3、#4のものをご用意下さい。
レインウェア 天候が不安定な場合もありますので、必ずご用意下さい。
ペンチ 魚を外す時に使います。
ウェイダーの下に履くインナー 数時間ウェィディングをしていますと、足、腰が冷えます。夏場でも薄手の下半身用のインナーを用意してください。特に9月以降はかなり冷えますので、厚手のインナーが良いかもしれません。現地で使い捨てカイロも購入できますのでポケットに入れると暖かいです。
フックの予備 フックの予備をご用意下さい。
フリースなどの防寒具類 5〜8月は昼間はTシャツ、夜は長袖程度で間に合います。9月、10月は朝、晩が冷えますので、フリースなどの防寒具が必要です。朝、晩は10℃前後、昼間はだいたい20℃前後です。
厚めの靴下 足先が冷たくなりますので、少し厚手の靴下をオススメします。
ラインカッター ラインを切るときに必要です。
釣り用ベスト、または肩から下げられる小さいポーチ 釣りのベストを持っている方はベストをご用意下さい。ベストをお持ちでない方は、小さめの肩から下げられるポーチがあれば便利です。
手袋 普段の釣りで手袋をしている方はご用意下さい。
ナイフ 必須ではありません。クマ対策の為です。
虫除けスプレー 5月〜8月頃は必需品です。9月、10月は蚊の数が減ります。
虫刺され治療薬 5月〜8月頃は必需品です。9月、10月は蚊の数が減ります。
サイリュウスプレー 必須ではありません。クマ対策の為です。
必須ではありません危険を知らせる場合に使います。
カメラ お持ちいただければ、こちらで撮影をさせていただきます。
健康保険証 万が一、体調が悪くなった場合に病院で必要です。
その他 普段の釣りで使われている必要なものはお持ち下さい。


ホーム ごあいさつ メルマガ登録 「初心者でも3日以内にイトウを釣る方法」 イトウ釣りガイド イトウ釣り(季節編)
   サイトマップ 法律に基づく表記 プライバシーポリシー お問い合わせ